ママ活、毎日の日課

公園デビューでママ友ができた

公園デビューでママ友ができた子供の友達作りのためにママ活を決意幼馴染との関係は時間が経っても変わらない

日頃と同じように過ごしているのですが、なにか不安に感じる瞬間があります。
子供と遊んでいるときにいつも私と子供だけで過ごしているので、これで良いのかと悩むときがあります。
情報交換ができていないことや、自分と同じ悩みを持っている人と共有することも、アドバイスも聞くことができない時間が寂しく感じました。
子供と遊んで過ごしている時間が退屈や、つまらないなどと言ったことではありません。
誰かと同じ気持ちで子育てをしていると思えれば、より楽しく子育てもできますし、励まされて日々過ごすことも可能です。
このようなことを考え公園へ行くことに決めました。
公園では知らない人たちがお子さんを連れて遊びに来ていて、すでにママ友ができている人たちもいました。
子供が遊具で遊びたがったので一緒に行き遊んでいると、同じ年くらいのお子さんを連れた方と出会いました。
私の子供は女の子なのですが、その方は男の子のママで、年齢は私よりも5歳程上かなと言う感じでした。
話しかけると笑顔で対応をしてくれ、話し始めるとお互いにどんどん話が弾み、明日もまた会えますかと聞くことができました。
話すまでは緊張をし、不安な気持ちでいっぱいでしたのに、すごい話していて楽しくてリラックスをした時間を過ごすことができ、本当に公園を満喫することができました。
男の子だからとか関係なく、一緒に遊ぶのであれば異性は関係ないと思えた自分は本当に良かった、良い出会いに感謝と言う気持ちで一杯になります。
毎日の日課になった公園は、頑張って付き合うわけではなく自然とママ活をおこなうことができました。
何気ない会話もすごく楽しく、家で一緒にランチをして過ごすまで仲良くなりました。
毎回決まってお相手のお家にお邪魔をさせてもらうのですが、私も食事を持っていったりおやつを持参して夕方まで楽しい時間を過ごします。
このような時間は、このあとのお風呂や食事の用意など様々なことを頑張ることができる不思議な力に変わります。